Cansellライフ

宿泊予約の権利売買サービス「Cansell」に関する情報ブログ

【Cansell】ホテルの予約の権利を買えばめちゃくちゃ安く宿泊できる件

f:id:r9yu25:20161018181950j:plain

 

やぁ。

 

これからクリスマス、年末年始とイベントが盛りだくさんのシーズンがやってきたね。

 

ホテルの予約をする機会も増えてくるんじゃないだろうか?

 

 

ホテルを予約する時、皆さんは旅行サイトとかを見て色々と値段が安いとか高いとか比較しながら、最終的に出来るだけ安く泊まれるホテルを探すと思うんだけど、正直そこまで「え?こんなに値段違うの?」となるくらい値段が違うことってそんなにないと思うんだ。

 

例えば宿泊はいったん置いといて、電化製品とかを買うときに価格コムで値段を比較したりすると思うんだけど、どんなに違いがあったとしても「倍近く価格差がある」なんてことは滅多にないと思うんだ。

 

それは、いうならば「新品」同士の商品を比較しているからだ。

 

逆にそれが新品と中古なら、倍以上の価格差が生じることは当然ありうる。

 

宿泊に話を戻そう。

 

で、この新品とか中古とかっていう概念が、実は最近宿泊業界にもつい最近登場したんだ。

 

それが宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】だ。

 

この「宿泊予約の権利売買」っていうのはどういうサービスかっていうと、宿泊の予約をしていたのにも関わらず、ホテルをキャンセルせざるを得なくなった人が、ちょっとでもホテルのキャンセル料を抑えるために「宿泊予約の権利」という形で売りに出すことが出来るという仕組み。

 

当然売りに出すということは、買う人がいて初めて成立するのだ。

 

つまり、みんなはこの予約の権利を買うことによって通常よりも安くホテルに宿泊することが出来るようになるのだ。

 

一度予約した人の宿泊の権利なので、これはいわば中古のようなもの。

 

通常のホテル予約(新品)ではありえないような金額で宿泊をすることが可能なのだ。

 

例えば過去の成約事例を挙げると、沖縄の名護市にあるザ・ブセナテラスの宿泊料が、大人だと通常の予約で52,920円のところ、予約の権利という形で購入をすると驚くことなかれ、10,000円で購入出来てしまうのだ。

 

通常の宿泊費用より81%オフで宿泊出来てしまうということなのだ。

 

今まで、旅行サイトを比較していて同じホテルで81%もの価格差が生じてしまう事例があっただろうか。

 

いや、ありえないだろう。

 

新品同士で比較していたって81%オフになるようなプランには巡り合えないのだ。

 

権利取得という中古品を買うことによって実現できる価格なのだ。

 

もしこれから旅行とかで行く場所が決まっている人は、まずそのエリアのホテルをCansellで探し、比較してみてはいかがだろう。